• Top page 
  • あるある大津近江!ふるさと再発見

あるある大津近江!ふるさと再発見

2020.10.16

大津の歌枕(その2)

●志賀 琵琶湖西南岸、南志賀地方。西に比叡山を望む。三井寺・日吉大社など多数の寺社があり、都からの参拝で賑わった。「志賀の都」は大津京を指す。桜の花園があり、よく歌に詠まれた。

  〽楽浪の志賀の大わだ淀むとも
   昔の人にまたも逢はめやも
  (柿本人麻呂「万葉集」)
  〽明日よりは志賀の花園まれにだに
   誰かはとはむ春のふるさと
  (藤原良経「新古今集」)

●瀬田
 大津市瀬田。この地で琵琶湖に架かる橋は「瀬田の長橋」「瀬田の唐橋」と呼ばれた。交通の要衝で、古来たびたび戦乱の舞台となった。
  〽望月の駒ひきわたす音すなり
   瀬田の長道橋もとどろに(平兼盛)

●田上
(たなかみ) 大津市田上町。田上山は、奈良時代、宮殿の建築用材の産出地であった。また瀬田川に合流する田上川は網代(あじろ)の名所。
  〽月影の田上川にきよければ網代に
   氷魚(ひを)のよるもみえけり
  (清原元輔「拾遺集」)

●長等山
(ながらやま) 大津市。山麓に三井寺がある。桜の名所。助詞「ながら」と掛詞になることが多い。
  〽さざ波や志賀の都は荒れにしを
   昔ながらの山桜かな
  (読人不知「千載集」)

●鳰の海
 現代仮名遣いでは「におのうみ」。琵琶湖の古称。鳰はカイツブリのこと。
  〽鳰の海や霞のうちにこぐ船の
   まほにも春のけしきなるかな
  (式子内親王「新勅撰集」)

●比叡山
 京都市と大津市の境を南北に連なる山。叡山とも。
  天台宗総本山延暦寺がある。延暦年間、最澄がこの山に一乗止観院を建立したのがその始まりであった。
 
 〽大比叡(おほひえ)やをひえの山も秋くれば
   遠目も見えず霧のまがきに
  (曾禰好忠)

2020.10.15

大津の歌枕(その1)

●粟津(あはづ) 膳所(ぜぜ)から瀬田橋付近。東国へ向かう交通の要地。
 〽関越えて粟津の杜のあはずとも
  清水に見えし影を忘るな
 (読人不知「後撰集」)
 ・近江八景・粟津の晴嵐/平家物語(巻9・木曽最後の場面)

●石山 観音信仰で名高い石山寺がある。
  〽都にも人や待つらん石山の
  峰にのこれる秋の夜の月
 (藤原長能「新古今集」)
 ・石山寺/近江八景・石山の秋月/紫式部・源氏物語

●打出(うちで)の浜 大津市松本・馬場(ばんば)あたりの浜の古名。
 〽近江なる打出の浜のうちいでつつ
  恨みやせまし人の心を
 (読人不知「拾遺集」)
 ・常夜灯/急がば回れの矢橋の船が着くところ

●逢坂(あふさか) 現代仮名遣いでは「おうさか」となる。相坂・合坂などとも書く。
 山城・近江国境の峠道。畿内の北限とされ、関が設けられていた。ここを越えれば東国であった。
 
 〽これやこの行くも帰るも別れつつ
  知るも知らぬも相坂の関
 (蝉丸「後撰集」)
 〽夜をこめて鳥の空音ははかるとも
  よに逢坂の関はゆるさじ
 (清少納言「後拾遺集」)
 〽名にし負(お)はば逢坂山のさねかづら
  人に知られでくるよしもがな(三条右大臣「後撰集」)

●近江(あふみ) 旧国名。淡水湖を意味する淡海(あはうみ→あふみ)に由来。
「逢ふ」「逢ふ身」と掛詞になる。
 〽けふ別れあすはあふみと思へども
  夜やふけぬらん袖のつゆけき
 (紀利貞「古今集」)
 
 〽たつぷりと真水を抱きてしづもれる
  昏き器を近江と言へり
 (河野裕子)

カレンダー

«8月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
Copyright (C) 村木アセット・コンサルタンツ All Rights Reserved.